家族婚を引き受けている結婚式場を探そう

挙式スタイルから会場を選ぶ

「アットホームな式を挙げたい」「感謝の気持ちを伝えたい」という理由で、家族や親族だけを招いて行う家族婚のスタイルの結婚式が増えてきています。
多くのゲストを招待する一般的な結婚式と違って、新郎新婦とゲストとの距離が近いのが魅力の家族婚。どんな会場で家族婚を引き受けているのでしょうか?
少人数の結婚式を挙げるカップルは挙式を重視していることも多く、挙式スタイルで会場を選ぶことも会場選びのポイントになります。
教会式の挙式スタイルは、街中の教会で挙式したあとにレストランなどで披露宴を行うパターンがあります。会場を移動しなければいけませんが、神聖な教会での挙式は心に残ります。また、最近では少人数の結婚式にも対応している結婚式場が増えています。チャペルが併設されている結婚式場やゲストハウスでは、挙式の後に会場を移動せずにそのまま披露宴を行うことができます。

形式にこだわらない結婚式も!

神社で行う神前式は、厳かな雰囲気の中で執り行われます。日本ではお宮参りにはじまり人生の節目に神社と関わることが多く、神前式を希望するカップルも多いです。神社によっては宴会場を併設されている場合があるほか、ホテルや結婚式場と提携している神社もあるので、事前に問い合わせてみると良いでしょう。
自分達がこだわりたいポイントがあれば叶えやすいのが家族婚の魅力でもあります。美味しいお料理にこだわってレストランで行うのも少人数ならではです。また、温泉などで寛ぐこともできるリゾート地での結婚式は、両家の絆を深める良い機会にもなります。自分達らしさを演出するならゲストハウスがおすすめです。ゲストの前で挙式する人前式や、手作りのケーキでケーキカットをするなどオリジナリティあふれる結婚式を挙げることができます。