心温まる結婚式を望んでいるなら

結婚式の準備で二人の絆を深めて

出席したあと幸せの余韻が温かく続くような結婚式は、いつまでも心に残ります。もし結婚式をするならば、そんな心温まるものにしたい!ときっと誰もが望んでいるはず。
結婚式に対しては、どちらかというと女性の方が熱心な傾向があるかと思われます。でもここは、お互いのコミニュケーションがとても大切です。招待するお客様は、ご両親初め新郎新婦両家の関係者なので、どんな方たちが出席するのかなどお互いに確認しておかなければなりません。式場、人数に始まり式の運びなど色々ありますが、二人で良く話し合って決めましょう。これは何かを一緒に作り上げる、初めての共同プロジェクトかもしれません。ここで深まった二人のやりとりは、集まってくれた方たちにも温かい雰囲気として伝わります。

お客様へのおもてなしの心を忘れずに

結婚式や披露宴で思い浮かべるのは、結婚衣装に身を包んだ晴れやかな新郎新婦の姿です。この日のために選んだ素敵なウェディングドレスを身に纏うのは、女性にとってまさに憧れです。美しくドレスアップしたそんな夢のようなシーンでは、つい我をも忘れてしまいそうですが、消して忘れてはならないのは集まってくれたお客様をもてなす気持ちです。
もちろん、主役は二人なのですが、お客様に喜んで頂くための配慮が所々に散りばめられていると、とてもアットホームな雰囲気になり、式場は和やかな一体感に包まれます。それほど人数の多くない式ならば、一人一人に手書きのメッセージを渡すのもいいかもしれません。両親への感謝の言葉は、そんな式の締めくくりにふさわしく、きっと皆の胸を打つものとなることでしょう。